PicoScopeにDALI仕様のデコーダー/アナライザーを追加

20 August 2019
Category: Oscilloscopes

Pico Technologyは、PicoScope 6ソフトウェアの最新版にDALI仕様のデコード機能と分析機能を追加しました。

DALI(Digital Addressable Lighting Interface/デジタル調光照明インタフェース)は、照明器具、バラスト、コントローラー間の双方向通信を実現します。したがって、照明の不具合や電力消費量、環境光の状況などを報告するため、DALIコントローラーは個別のLEDドライバやバラストへ、反対にLEDドライバやバラストはコントロールへ通信を行うことができます。

Pico Technologyの事業開発責任者を務めるTrevor Smithは次のようにコメントしています。「ネットワーク接続されたDALIデバイスは、現代のビル管理の中核を担います。モジュールの開発やDALIネットワークの展開に携わるエンジニアとシステムインテグレーターには、タイミングやシグナルインテグリティの問題が生じた場合に、問題を速やかに特定するためのツールが必要です。PicoScope DALIデコーダーは、データ通信フローをわかりやすく表示し、シグナルインテグリティの問題に起因するフレームエラーの波形との相関を簡単に実行します」

デコーダーはPicoScope 6.4.14に標準装備されており、無料でダウンロードいただけます。また、PicoScope 2000、3000、4000、5000、6000シリーズのPCベースのテスト&測定オシロスコープと互換性があります。

詳細はこちら: https://www.picotech.com/library/oscilloscopes/dali-serial-protocol-decoding